其の八十八 「妊娠(にんしん)」

ここでは、其の八十八 「妊娠(にんしん)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「妊娠(にんしん)」

○意味:
女性が身ごもること。受精した卵子を子宮内で発育させること。哺乳(ほにゅう)類にみられ、受精卵が子宮に着床(ちゃくしょう)し、母体と連絡する胎盤(たいばん)を生じて発生が進み、一定の期間を経て胎児が分娩(ぶんべん)される。
(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

そのクリックが支えに!! →  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

妊娠してノー士ン(=ノーシン)を辰(→断〔た〕つ)女性。

してン(=ノーシン)辰(→断〔た〕つ)



※「ノーシン」……頭痛薬の代名詞。ノーシンに限らず、妊娠すると薬には注意が必要だそうです。「断(た)つ」とはこの場合、「飲むのをやめる」という意味ですね、念のため。


※「辰(たつ)」は2級対象の人名漢字なので、難しいと感じる方もいらっしゃるでしょうか。
 巳琢郎(たつみ たくろう)さん
http://www.takusoffice.jp/profile_01.html
梅宮夫(うめみや たつお)さん
http://www.umemiya.co.jp/AISATSU.html
で、意外となじみがある漢字ではありませんか。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/92-f08183d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ノーシンノーシン(英語表記:Norshin)は、アラクス(旧荒川長太郎合名会社)が製造・販売している頭痛薬である。1918年(大正7年)に、スペイン風邪の流行の折に製造販売を始めたのが起源だとされる。語源としては、「脳がしーんとする」、「脳が新しくなったようにすっき
2007/10/11(木) 12:41:38 | 薬、知らないと怖い薬の話!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。