其の八十九 「便宜(べんぎ)」

ここでは、其の八十九 「便宜(べんぎ)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「便宜(べんぎ)」

○意味:
ある目的や必要なものにとって好都合なこと。便利がよいこと。
特別なはからい。そのときに適したやり方。
音信。たより。

今回の覚える文章ではの意味。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

そのクリックが支えに!! →  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

「ウ目(→梅)を長めに見たい、宜(よろ)しく頼む」と言われて便宜を図る。

ウ目(→梅)を長めに見たい、宜(よろ)しく頼む」と言われて便
を図る。


シチュエーションとしては、待ち時間3時間、1人につき1分くらいしか見る時間を与えられていない珍しい梅の木を、他の人より長い時間見たいと頼まれて(まあ、お金を積まれて、としましょう)、それを受け入れた、というものです。
※「長め」とすることで、「目」の下の横棒(ぼう)が長い、ということを表現しました。

※「便宜」といえば「図(はか)る」と受けるのが慣用的です。
この場合の「図る」は、「うまく処理する。とりはからう」という意味になります。

※「宜(よろ)しく」という訓読みも大事です。この場合の「よろしく」の意味は、「人に好意を示したり、何かを頼んだりするときに添える語」です。

「宜」「宣(せん)」(5級対象)を混同しがちです。「宣」は「「宣言」で覚えましょう。



==================================================

「宣言(せんげん)」

○意味:
個人・団体・国家などが、意見・方針などを外部に表明すること。また、その内容。
(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

そのクリックが支えに!! →  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

「一日一善する!」と宣言する。

一日一善する!」と
する。


※いちにちいちぜん【一日一善】……
1日に一つの善行をして、それを積み重ねるようにしなさいという呼びかけ。 なお、一日一善は四字熟語ではなく、単なる標語のようです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/91-16cae059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。