其の八十二 「謄本(とうほん)」

ここでは、其の八十二 「謄本(とうほん)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「謄本(とうほん)」

○意味:
原本の内容を全部写して作った文書。
 ↑
 ↓
抄本(しょうほん)…… 原本となる書類の一部を抜粋した文書。
(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

そのクリックが支えに!! →  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

力ではなく、言葉で戸籍謄本を勝ち取った。

力ではなく葉で戸籍ち取った。



※こせき【戸籍】……
各個人の家族的身分関係を明らかにするために記載される公文書。夫婦とその未婚の子で編成され、各人の氏名・生年月日、相互の続柄(つづきがら)などを記載し、本籍地の市町村に置かれる。

※覚え方が分かりにくいでしょうね。「勝」という漢字の「力」の部分を「言」にすれば「謄」なのです。それで、「力ではなく戸籍謄本を言葉で勝ち取る」とは、市役所などに行って腕力でおどして強引に戸籍謄本を発行してもらったのではなく、普通に口で「ください」と言って申請して(実際には申請書に記入して)戸籍謄本を発行してもらった、というストーリーです。まあ、戸籍謄本を圧力をかけて発行してもらう人なんてほぼいないでしょうが、覚える都合上がまんしてください。

※部首としては「月(つきへん)」ではなく、「言(げん)」だそうです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/86-f4f232c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。