其の五十八 「洪水(こうずい)」

ここでは、其の五十八 「洪水(こうずい)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「洪水(こうずい)」

○意味: 
大雨や雪解け水などによって、河川の水量が著しく増加すること。また、その水が堤防から氾濫(はんらん)し、流出すること。
物があふれるほどたくさんあること。
大辞泉)

ブログランク参加中 →  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

公共のダムが洪水で決壊した。

のダムがで決壊した。

※「洪」が「さんずい」であることは「洪水」から連想できるでしょう。
さんずい【三水】 http://z.la/nzni2

※決壊【けっかい】……堤防などが切れて崩れること。
ちなみに「壊」の字は4級対象です。




 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/61-ba596084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
洪水で起こった洪水洪水(こうずい)とは、大雨・融雪が原因で河川の増水・氾濫により引き起こされる自然災害(天災)の一種である。洪水等により、もたらされる被害を総称して水害と呼び、これを制御することを治水と呼ぶ。概要古来より、治水は治世者の重大な問題であった
2007/05/19(土) 09:49:08 | 水関連いろいろ記述
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。