其の五十一 「座禅(ざぜん)」

ここでは、其の五十一 「座禅(ざぜん)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「座禅(ざぜん)」

○意味: 
仏教の修行法の一。主として禅宗で行う。古代インドの修行形式を取り入れたもので、修行者は禅堂で結跏趺坐(けっかふざ)あるいは半跏趺坐し、半眼の姿勢をとる。精神を統一し、無念無想の境地に入って悟りを求める。
 ↓
※けっかふざ【結跏趺坐】
《「跏」は足の裏、「趺」は足の甲の意》坐法の一。両足の甲をそれぞれ反対のももの上にのせて押さえる形の座り方。先に右足を曲げて左足をのせる降魔坐(ごうまざ)と、その逆の吉祥坐の2種がある。仏の坐法で、禅定(ぜんじょう)修行の者が行う。蓮華坐(れんげざ)
大辞泉)

※結跏趺坐は小学生の頃、やってみませんでした? ちなみに「結跏趺坐」は1級対象の四字熟語です。
【座禅や結跏趺坐の参考サイト】
http://homepage3.nifty.com/toshoji/zen-kokoroe.htm

FC2ブログランク参加中 → 

●覚え方、覚える文章

座禅中にネ単(→寝たん)だって?

中にネ単(→寝たん)だって? 



 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/53-8eb32b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。