其の四十一 「朝廷(ちょうてい)」

ここでは、其の四十一 「朝廷(ちょうてい)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「朝廷(ちょうてい)」

○意味: 
天子が政治を行う所。廟堂(びょうどう)。朝堂。また、天子が政治を行う機関。
(大辞泉)

 FC2ブログランク参加中 → 



●覚え方、覚える文章:

ノ(→野)武士から朝廷に仕える身分にのし上がる。

ノ(→野)からに仕える身分にのし上がる。


※のぶし【野伏/野臥】
(以下の意味の場合、「野武士」とも書く)
南北朝・室町時代、農民の武装集団。山野に潜伏し、物資を略奪し戦闘にも参加した。戦国時代に大名などが徴発し、戦闘に参加させた者をもいう。
(大辞泉)

※「延長」の「延」(5級対象)と間違えないようにしましょう。

二つとも部首としては、「えんにょう(いんにょう)【延繞】」です。 → 「廴」です。



 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/42-49dac361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。