其の三十七 「上棟(じょうとう)」

ここでは、其の三十七 「上棟(じょうとう)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「上棟(じょうとう)」

○意味: 
家を建てるとき、骨組みを組み立て、最上部に棟木(むなぎ)を上げること。また、そのときに行う儀式。建前(たてまえ)。棟(むね)上げ、とも。
(大辞泉)

※「上棟式」の詳細
http://www.tensonjinja.jp/prayer/window14.html


●覚え方、覚える文章:

上棟式で木東(きとう→祈とう)をあげる神主(かんぬし)。

式で木東(きとう→祈とう)をあげる神主(かんぬし)。


※きとう【祈祷】
神仏の加護を願い、言葉によって除災増福を祈ること。また、その儀礼。


※かんぬし【神主】
神社に奉仕して、神事に従うことを業としている人。神官。神職。また、その長。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/38-cc194d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。