其の三十 「拙劣(せつれつ)」

ここでは、其の三十 「拙劣(せつれつ)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「拙劣(せつれつ)」

○意味: 
技術などが劣っていること。また、そのさま。へた。
(大辞泉)


●覚え方、覚える文章:

「素人が手を出すな!」と、拙劣な文章をけなされた。

「素人が手(→てへん)すな!」と、な文章をけなされた


※てへん【手偏】
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%A6%E3%81%B8%E3%82%93&dtype=0&stype=0&dname=0na&pagenum=1&index=13269912771500 


小説家を目指す若者が大作家に作品を見てもらい、けなされた場面です。
この屈辱(くつじょく)をバネにして、のし上がってほしいものですね(私は何様?)。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/31-768e3be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。