其の百五十四 「賜杯(しはい)」

ここでは、其の百五十四 「賜杯(しはい)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「賜杯(しはい)」

○ 意味:
臣下に杯をたまわること。また、その杯。特に、叙勲の際に授けられる杯。
天皇・皇族などが競技・試合などの勝者に与える優勝杯。

今回の覚える文章ではの両方の意味。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)


そのクリックが支えに!ブログランキング


●覚え方、覚 える文章:

あたまわ(=賜)るい(→頭悪い)のに賜杯をいただけるなんて易貝(=意外)だ。

たまわ(=賜)るい(→頭悪い)のにをいただけるなんて易貝(=意外)だ。



「賜」は音読みで「シ」、訓読みで「たまわ(る)」=「意味:もらう」です。
「貝偏(かいへん)」と「容易」などの「易」で成り立っています。

「賜杯」という熟語で一番よく耳にするのは、
この夏、野球賭博問題に揺れた大相撲の「天皇賜杯」でしょうか。

訓読みの「賜る」を覚える際に、単に「賜杯を賜る」としたのでは
普通すぎるので、「頭悪い」という言葉と掛けてみました。
必ずしも学力や知力がないと賜杯を手にできないというわけではないですが。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/179-f6ba03a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。