其の百五十 「逝去(せいきょ)」

ここでは、其の百五十 「逝去(せいきょ)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「逝去(せいきょ)」

○ 意味:
他人を敬(うやま)って、その死をいう語。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)


そのクリックが支えに! ブログランキング


●覚え方、覚 える文章:

「折 (=下り)てゆける」としんにゅう(=進入)したが、ご逝去された。

折(=下り)ゆける」としんにゅう(=進入)したが、ごされた。



今回の覚える文章のシチュエーションは、
探検家か冒険家が、地下の洞くつに下りて行けると信じて入って行ったけど、
酸欠とか岩盤崩落(がんばんほうらく)とかが原因で亡くなってしまった、というものです。

部首が「之繞(しんにゅう=しんにょう)」、残りが「折」で、「逝」ですね。
訓読みの「逝(ゆ)く」も大事なので、「行く≒逝く」として語呂合わせの文章に入れています。

モーリス・ラヴェル作曲のクラシック曲に、
『逝ける王女のためのパヴァーヌ』(別名、『亡き王女のためのパヴァーヌ』)と
いうのがありますが、この場合の「逝ける」は尊敬表現で、
私の語呂合わせの文章の「逝ける(≒行ける)」は可能表現です。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/175-988977e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。