其の百四十八 「洗濯(せんたく)」

ここでは、其の百四十八 「洗濯(せんたく)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「洗濯(せんたく)」

○意味:
衣服などを洗って汚れを落とすこと。
日常の仕事などから離れて気分を一新したり、からだの疲れをいやしたりすること。
※「命の洗濯」=「日ごろの束縛や苦労から解放されて、のんびり気ままに楽しむこと」

今回の覚える文章ではの意味。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)


そのクリックが支えに! ブログランキング


●覚え方、覚える文章:

活躍したので洗濯係から足を洗うことができた。

したので係から足を洗うことができた



「洗濯」の「濯」を覚える上で大事なことは、
「活躍」などの「躍」(4級対象)の「足偏(あしへん)」が
「三水(さんずい)」になった、ということに尽きると思います。

覚える文章のシチュエーションは、高校や大学などの運動部で、
レギュラー部員でなかった者が練習試合などで実力を認められて、
洗濯のような雑用を今後しなくてよくなった、というものです。
相撲の世界の上下関係をイメージしても良いかもしれませんね。

「しなくてよくなった」という状況を、
「足を洗う=好ましくない生活をやめる」で表現するのは
意味的にかなり強引ではありますが、これで、
「足偏ではない」ことを記憶し、「洗」という漢字から三水を連想できる、
という2つの役割を果たそうと考えました。
三水については「洗濯」という熟語からも容易に連想できるとは
思いましたが。


 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/173-24e00755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。