其の百四十七 「打撲(だぼく)」

ここでは、其の百四十七 「打撲(だぼく)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「打撲(だぼく)」

○意味:
からだを強く打ちつけたり、たたいたりすること。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)


そのクリックが支えに! ブログランキング


●覚え方、覚える文章:

てへっ(→手偏)、打撲しちゃった僕。

てへっ(→手偏)しちゃった



「僕」という漢字の「人偏(にんべん)」が「手偏(てへん)」に
なったのが、「打撲」の「撲」なのです。
「僕」の覚え方はコチラ

「手偏」を表すために「手を打撲した」といった感じの文章を
用意したのでは普通すぎるので、「てへっ」というおどけた文章に
してみました。男が「てへっ」なんて言うのは気持ち悪いかも
しれませんが、少し気持ち悪いくらいの方が記憶定着に
役立つのではないでしょうか。ただし、今の時代、
女性が自分のことを「僕」というのも珍しくないかもしれません。
浜崎あゆみさんや中島美嘉さんの曲にもあるように。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/172-3f371f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。