其の百二十七 「后妃(こうひ)」

ここでは、其の百二十七 「后妃(こうひ)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「后妃(こうひ)」

○意味:
《「后」は第一位のきさき、「妃」はその次位》天子・天皇の妻。きさき。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

そのクリックが支えに!!
  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

コL(=肥える)と后妃にふさわしくない女(じょ)。

コL(=肥える)にふさわしくない女(じょ)



イメージしたのは、中世ヨーロッパの、コルセットを巻いた国王の妻です。
おきさき様が肥えていたら、つまり太っていたら、ちょっとがっかりですよね。

※ちなみに、「肥」の部首は、「月偏(つきへん)」ではなく「肉月(にくづき)」です。

旁(つくり)は、カタカナの「コ」とアルファベットの「L」とみなしました。
そして、女偏はわざわざ語呂合わせに入れなくても大丈夫かと思いましたが、
念のため赤塚不二夫先生の『おそ松くん』のキャラクターの「ハタ坊」の口調、
「~だジョー」で強引に表現してみました。

「后」は5級対象の漢字なんですね。けっこう難しいと思うのですが。
「后」の字を再確認する意味で、今回はよく聞く「王妃(おうひ)」ではなく、
「后妃」をピックアップしました。
なお、「后」も「妃」も訓読みで「きさき」ですが、漢字検定2級までの対象
ではないので、無理に覚える必要はありません。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/148-54a0256c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。