其の百二十四 「模擬(もぎ)」

ここでは、其の百二十四 「模擬(もぎ)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「模擬(もぎ)」

○意味:
本物や実際の場合と同じようにすること。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

そのクリックが支えに!!
  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

模擬テストでカンニングして「マ定(まてい→待て)」って(→てへん)言われ、ヒ矢(ヤ)っとする。

テストでカンニングして「マ定(まてい→待て)」っ(→てへん)言われ、ヒ矢(ヤ)っとする。



今回の語呂合わせはいつも以上に強引で、すみません。
「疑問」の「疑」と間違いやすい方は、こっちは手偏(てへん)が
付くということだけ気をつければいいのですが。

シチュエーションは、模擬テストでカンニングして、試験が
終わって教室から出て行こうとしたところ、不正がばれて
いたらしく、試験官に「待て」と言われて、ヤバいと思って
いるところです。

「擬」は、手偏(てへん)と、カタカナの「ヒ」と漢字の「矢(ヤ)」、
そしてカタカナの「マ」、その下が漢字の「疋」(ひき)なんですが、
「疋」よりも「定」のウ冠(うかんむり)がない状態、という方が
覚えやすいと考えました。

なお、「ぎそう」は漢字で「偽装」とも「擬装」とも書けるようです。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/145-c69409a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。