其の十三 「蛇(へび)」

ここでは、其の十三 「蛇(へび)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「蛇(へび)」

○意味:
有鱗(ゆうりん)目ヘビ亜目の爬虫(はちゅう)類の総称。体は円筒形で細長く、四肢を欠く。カエル・ネズミ・小鳥や鳥の卵を捕り、丸飲みする。
(大辞泉)


●覚え方、覚える文章:

蛇はむじ(ムシ→虫)ひ(=ヒ)(=無慈悲)じゃ。

むじ(ムシ→虫)ひ(=ヒ)(=無慈悲)じゃ


※無慈悲(むじひ)
思いやりの心がないこと。あわれみの心がないこと。


※じゃ……蛇の音読みです。

例:蛇口(じゃぐち)
水道管の流出口などに取り付け、水の量を調節する金属製の器具。
(大辞泉)

例:蛇腹(じゃばら)
《蛇の腹のような形状・模様の意》
1 組み立て式カメラや引き伸ばし機で、レンズと本体とをつなぐ、遮光性で折りたたみ式の伸縮自在の部分。
2 建物の軒や壁の最上部などに帯状に巡らした、刳形(くりかた)のある突出部分。
3 衣服や帽子の装飾としてつける波状のテープ。
4 アコーディオン・提灯(ちょうちん)などの胴体の、伸縮する部分。
(大辞泉)


※蛇足ですが、「蛇足」の場合は「だそく」と読みます。
蛇足……《昔、中国の楚(そ)の国で、蛇の絵をはやく描く競争をした時、最初に描き上げた者がつい足まで描いてしまったために負けたという「戦国策」斉策上の故事から》付け加える必要のないもの。無用の長物。
(大辞泉)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/14-5d1f73bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。