其の百十六 「賠償(ばいしょう)」

ここでは、其の百十六 「賠償(ばいしょう)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「賠償(ばいしょう)」

○意味:
他の人に与えた損害をつぐなうこと。
国際法規違反により他国に与えた損害、また敗戦国が戦勝国に与えた損害の補償として金品その他を提供すること。

今回の覚える文章ではの意味。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

そのクリックが支えに!!
  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

「ネットに悪口を貝立ロ(=書いたろ)? 賠償請求するからな!」と言われ青ざめる。

「ネットに悪口を貝立ロ(=書いたろ)? するからな!」とわれざめる


今回の語呂合わせでは、近年の社会問題を取り上げてみたので
けっこう分かりやすいのではないでしょうか。

「賠」は貝偏(かいへん)」の貝と、旁(つくり)の上部が漢字の「立」、
そして下部がカタカナの「ロ」から成り立っていると考えました。

「賠」の字は現代日本では「賠償」という熟語以外で
使われることはないようなので、ひたすらこの熟語を覚えましょう。
「倍賞千恵子」「倍賞美津子」姉妹の「倍賞」と間違えないように。

「賠償」の「償」の字も2級対象です。語呂合わせはコチラ

 



また、「賠償」とセットで使われる機会が多い「請求」の「請」
ここで覚えましょう。「請」は3級対象ですが、音読み・訓読みが多く、
意味としても「願い求める」と「引き受ける」という正反対の意味を
あわせもっている、出題者としては面白い漢字なのです。

以下の用例は重要です。

「請負(うけおい)」
日限・報酬(ほうしゅう)を取り決めた上で仕事を引き受けること。

「下請(したう)け」
ある人や会社などが引き受けた仕事の全部または一部を、
さらに引き受けてすること。また、その人。

許しを請(こ)う」
何かをしてくれるよう願う。

「普請(フシン)」
家を建築したり修理したりすること。

「安普請(やすブシン)」
安い費用で家を建てること。また、そういう粗雑(そざつ)なつくりの家。

※特に「(安)普請」は最重要です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/132-ebd7fbc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。