其の百十四 「補佐(ほさ)」

ここでは、其の百十四 「補佐(ほさ)」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「補佐(ほさ)」

○意味:
人をたすけて、その務めを果たさせること。また、その役にある人。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

そのクリックが支えに!!
  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

補佐役には左ノー(=脳)人間が向いている。

役には左ノー(=脳)人間が向いている

「人偏(にんべん)」をカタカナの「ノ」と音引き「ー」(※たて書き)としました。
旁(つくり)は見たまんまの「左」という漢字ですね。

近年、日本では、茂木健一郎さんが出てきて、「アハ体験」なんて
とっつきやすい用語で脳トレーニング(脳トレ)をうながしてから、
脳科学への関心が高まっているようですね。

一般的に、左脳人間は論理的、
右脳人間は感覚的(→芸術家が多い)と言われ、
だとするなら、誰かを補佐する人には左脳人間が望ましいでしょう。
こういった考え方は木村拓哉さん主演のTBSドラマ『MR.BRAIN』でも
折に触れて語られています。
しかし、この「脳機能局在論」は根拠がないと批判する向きもあるようです。
そもそも脳科学はまだ歴史が浅く不明なことが多いと。
それでも、日本人の「血液型信仰」よりは信じる価値があると思われますが……。

とりあえず、語呂合わせに使えるものは何でも使っちゃいます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syuutarou.blog90.fc2.com/tb.php/128-d7aaf873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
突然ですが、1日たった7分のトレーニングで、「あたまが10倍良くなる」と言ったら、信じられますか?「そんなうまい話あるもんか!」はじめは私も、この方法を信じていませんでした。しかし、半信半疑で7分間トレーニングをしたとたん・・・・数々の勉強法で世界的に...
2009/06/18(木) 21:41:46 | ありあんす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。