マ行

ここでは、マ行 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「模擬(もぎ)」

○意味:
本物や実際の場合と同じようにすること。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

そのクリックが支えに!!
  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

模擬テストでカンニングして「マ定(まてい→待て)」って(→てへん)言われ、ヒ矢(ヤ)っとする。

テストでカンニングして「マ定(まてい→待て)」っ(→てへん)言われ、ヒ矢(ヤ)っとする。



今回の語呂合わせはいつも以上に強引で、すみません。
「疑問」の「疑」と間違いやすい方は、こっちは手偏(てへん)が
付くということだけ気をつければいいのですが。

シチュエーションは、模擬テストでカンニングして、試験が
終わって教室から出て行こうとしたところ、不正がばれて
いたらしく、試験官に「待て」と言われて、ヤバいと思って
いるところです。

「擬」は、手偏(てへん)と、カタカナの「ヒ」と漢字の「矢(ヤ)」、
そしてカタカナの「マ」、その下が漢字の「疋」(ひき)なんですが、
「疋」よりも「定」のウ冠(うかんむり)がない状態、という方が
覚えやすいと考えました。

なお、「ぎそう」は漢字で「偽装」とも「擬装」とも書けるようです。





スポンサーサイト

「毬(まり)」

○意味:
遊びやスポーツに用いる球。ゴム製のほか、革製、綿をしんにして糸で巻いたものなどがある。ボール。
意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)

ブログランク参加中 →  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

求毛(きゅうけ)つき〔→吸血鬼〕が毬で遊ぶ。

求毛(きゅうけ)つき〔→吸血鬼〕がで遊ぶ


※きゅうけつき【吸血鬼】
人の生き血を吸うという魔物。バンパイア。
*吸血鬼に毬、というギャップが記憶に強く残るのです。


「貢(みつ)ぐ」

○意味: 
金や物を与えて助ける。金品を差し出して生活の面倒をみる。
君主や支配者に金品を献上する。
大辞泉)

ブログランク参加中 →  ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

貢ぐばかりの人生に後悔している。

ばかりの人生に工(こう=後)貝(かい=悔)している。

※「貢」の音読みの熟語、「貢献(こうけん)」も非常に大事です。
意味:ある物事や社会のために役立つように尽力すること。


コーチングで学ぶ、あなたの人生を変える成功投資法!


願望実現&問題解決ができるイメージ力


今と一生に効く!「トラウマから自分を救い出し、逆に味方に変えてしまう究極の簡単レシピ」

「妄信(もうしん)」

○意味: 
むやみやたらに信じること。
(大辞泉)


●覚え方、覚える文章:

彼女を亡くしてから、「蘇り」を妄信するようになった。

くしてから、「蘇り」をするようになった。


※よみがえり【蘇り】
息をふきかえすこと。生き返ること。


「元栓(もとせん)」

○意味: 
水道・ガスなどの器具の栓に対して、その器具に配管しているもとの栓。
(大辞泉)


●覚え方、覚える文章:

火事の中、木全(きぜん→き然)とした態度でガスの元栓を締める。

火事の中、木全(きぜん→き然)とした態度でガスのを締める。

※きぜん【毅然】
意志が強くしっかりしていて、物事に動じないさま。



「無臭(むしゅう)」

○意味: 
においやくさみがないこと。

(意味は、特に指示がない限り「大辞泉」より引用)


そのクリックが支えに! ブログランキング



●覚え方、覚える文章:

自大(=時代)は無臭にこだわりすぎている。

自大(=時代)にこだわりすぎている

 

この場合の「時代」は「現代」ということです。
日本では体臭から部屋のにおいまで気にする人が増えていますよね。

訓読みでは、「臭(くさ)い」のみが2級の対象で、
「臭(にお)う」は対象外のようです。

なお、部首は「自」で、「みずから」という名称です。



 

「無駄(むだ)」

○意味:
役に立たないこと。それをしただけのかいがないこと。また、そのさま。無益。
(大辞泉)


●覚え方、覚える文章:

(競馬にて)
太りすぎた馬に賭(か)けてもお金の無駄だ。

りすぎた に賭(か)けてもお金のだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。